<   2005年 06月 ( 1 )   > この月の画像一覧


2005年 06月 12日

水彩画展 無事に終えました

b0009368_8511698.jpg
水彩画展 アッと言う間に最終日を迎えました、来観者は私の知人が108名、内訳は在職中仲間・関係者32名、同級生4名、大阪プロバスクラブ25名、YDP12名(淀川ドックパラダイス・飼い犬の仲間)の方々で、遠く神奈川県厚木市から2名駆けつけてくれました、嬉しくありがたいことで、感激しました。
大小67点展示しましたが、37点お買い上げいただきました、もうビックリです、絵を皆様の手元で観ていただくことは大きな喜びです、有難うございました。
b0009368_1075593.jpg

b0009368_8532993.jpg

b0009368_8541781.jpg

b0009368_8551139.jpg

b0009368_855568.jpg
b0009368_8594981.jpg

【プロフィール】
1930年(昭和5年)11月01日、三重県生まれ、幼少時小学校時代は船乗りであった父の寄港地が代わるたび、また母の病気などのため5年生まで転校6回、昭和16年(1941)になり、世の中の戦時色が強まり、父の航路も不定期になり父の郷里、津市に居を定めた、昭和19年(1944)県立津工業学校建築科へ入学、1945年終戦、家、学校とも戦災に合い、世の中の変化・混乱などあったが、昭和25年(1950)名古屋の名城大学へ入学1年の在学で退学し、大阪工業大学第一工学部建築学科2回生へ編入学、昭和29年(1954)卒業、大阪市北区(株)村上工務店へ入社、同社は設計・施工を標榜・得意とした会社で、平成6年(1994)暮まで約41年間勤務した、その間、世に問えるような建築は皆無で、実務的な建築技術者として終始し満64歳で退社した。同年11月居を守口市に移し、個人で建築設計をおこない、近年は、建物・風景などの水彩画を描いての余生です。好きな画家は小磯良平。水彩画家では安野光雅画伯で安野さんのタッチを真似ています。(名城大学を1年で止めた理由は後述のとおり。)
【水彩画とのかかわり】
工業学校の建築科への入学は、偶然でした、、戦時中であり、工業関係の技術を習得する時代背景があったのです、しかし建築への道は自分には、ピッタシで製図、用器画などの授業は好きで興味をもって学びました。学年が進んで、上級生になり、建築の完成図(パース)を描くのは実に楽しく興味がもてました、パースは横浜高等工業学校出身の「伊藤一秀」先生が実に熱心に指導をして下さいました、生徒の図面に直接に彩色の仕方を教えて下さったのです、伊藤先生は、横浜高工の名物教授「中村順平」(パリ、エコール・デ・ボザールへ留学しフランス建築士の称号を持ち、のち芸術院会員)の薫陶を受けられたのです。伊藤先生は私の図面に直接手を加えていただけなかったが、見よう見真似で描いたのが身に付いたのです。
【Bettaiの由来】
小学5年生の時、図工を教えてくれた土屋先生が、見栄えはよくないが、飛ばすと、誰のよりよく飛んだ、グライダーを見て、又図画で軍艦・戦闘機・戦車・大相撲の絵を描いて、廊下や階段踊り場に度々展示された。私の名「別所泰」をチジメて「ベッタイ」と呼んだ、勉強はソコソコな私によく声をかけて下さった、当時はそう呼ばれるのは嫌であったが、近年懐かしく、「水彩画ホームページ」を立ち上げたのを機会に、その名を用いる事にした。
                                           (2008・07・30追記)
’05年9月現在所属しているシニアーの会「大阪プロバスクラブ」での卓話『私の趣味と経歴』をここに掲載いたします。前記の文と合わせてお読み下さい。


b0009368_03503.jpg
b0009368_042191.jpg
b0009368_044680.jpg


by Y-Bettai | 2005-06-12 08:52