2006年 01月 08日

'05年 秋 プロバス旅行 奥飛騨・高山方面

プロバスクラブ(シニアーの会)の方々とバスツアーで高山・新穂高・白川郷を回りました,お天気に恵まれ、楽しい ツァーでした。そこで描いたスケッチをアップロードします。
b0009368_1241064.jpg
b0009368_1255020.jpg

b0009368_2121332.jpg

以前’93年ころ、義弟を訪ねて高山へきたことあるが、この古い町並みは初めて、左党の私の目に入ったのは「酒ばやし」がぶら下がった、造り酒屋「山車」で連れ3人と絞りたての清酒を飲みその芳醇な香りを楽しみました。「酒ばやし」(サカバヤシ)とは酒蔵の軒先に吊り下げている杉玉のことです。杉玉は江戸時代より酒蔵の看板でした、「新酒ができました」との知らせです。
b0009368_1228927.jpg

b0009368_14504085.jpg

昔は白川郷へは容易には行けないと聞いていた、バスであっちこっちを見物しながら、居眠りをしているうちに気がついたら、白川の里だった。展望台荻町城址から一望して,徒歩でくだり村中を見物、「とち餅」を買った、有名な濁酒(ドブロク)は祭りの時期を外したのであり付けなかった。コスモスも咲いていて秋を満喫した、白山スーパー林道を通り小松市へ抜け北陸道を通りかえった。

by Y-Bettai | 2006-01-08 12:28


<< ★大阪百科★二ユースというBl...      干支の絵 >>