bettaiの水彩画

bettai.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2008年 12月 31日

京都:嵐山・嵯峨野

天龍寺・庫裏  参道を歩いて突き当たりに庫裏が見える、何か曰くありげな建物だがここを左に曲がって名勝・史跡の曹源池庭園を拝観するのが本筋だが、この庫裏に目が行ってしまった。
b0009368_18345129.jpg


大覚寺・大沢の池 嵯峨天皇が離宮を造営したとき、中国の洞庭湖を模して造った池。大宮人が観月を楽しんだ池泉舟遊式庭園の遺構である。春は桜、秋は紅葉が美しい。 
b0009368_18351889.jpg

この絵の池の水面は写真を合成しました。

嵯峨野・民家 
b0009368_18365473.jpg
b0009368_18371189.jpg
b0009368_18372658.jpg

この絵は3枚とも同じ民家です、描いた次期は違いますが。

二尊院:総門 本堂に本尊として釈迦、阿弥陀の二尊を安置してあるので二尊院の名がある、後ろに小倉山をひかえ、古来さくらと紅葉の名所として知られている。豪壮な総門は伏見城の薬医門を移したもの。
b0009368_18391990.jpg


化野・念仏寺 無縁になってしまった8000余の石仏・石塔西院の河原があり、無常感あふれる寺として知られている。
b0009368_18413312.jpg


落柿舎 江戸時代の俳人向井去来の遺跡。ある商人が落柿舎の柿を買う約束をしたが、大風のため一夜にして柿の実が全部落ちてしまった故事による。
b0009368_18425038.jpg


by Y-Bettai | 2008-12-31 18:43


<< 2009年(平成21年)年賀状      京都:東山 >>